専門・認定看護師
専門・認定看護師を目指す方へ

大津赤十字病院では看護師一人ひとりのスキルアップを大切に考えて、積極的な支援を行っています。
現在1名の専門看護師、17名の認定看護師がいます。それぞれの専門領域で根拠に基づいた実践、相談、教育と活躍しています。
集合教育では、認定看護師が講師として実践につながるように指導に当っています。
専門領域において看護師の向上心とやる気を引き出すとともに質の高い看護の為に良き相談者になっています。

活動内容

近年、チーム医療や看護外来など、院内全体のレベルアップのために、専門性の高い看護が求められており、当院においても多くの専門・認定看護師が活躍しています。
専門看護師は、複雑で解決が困難な看護問題を抱えた患者さまやご家族、集団に対して、質の高い看護ケアを提供するために、特定の看護分野の知識・技術を習得した有資格者です。看護現場においては、「実践・相談・調整・倫理調整・教育・研究」 の6つの役割を担っています。
認定看護師は、特定の看護分野において、熟練した知識と技術を用いて看護実践のできる有資格者で、「実践・指導・相談」の3つの役割を担っています。

支援体制・求める人材

看護部では、専門・認定看護師の育成に力を入れており、出張扱いで研修を受けられるなど、資格取得のための支援体制を設けています。院内の活動においても、医療スタッフを対象にした相談依頼体制の整備や、研修・勉強会運営のバックアップを行っています。
専門・認定看護師は、多くの職種のスタッフや部門と連携して活動するため、優れた知識と技術に加え、高いコミュニケーション能力が必要です。そして、真摯に患者さまやご家族と向き合い、熱意を持って取り組める方に活躍してほしいと考えています。

ページの先頭へ