教育のこと

教育のこと

教育のこと

卒後教育のこと

教育体制

いきいきと働き、患者さまに質の高い看護が実践できるよう専門職業人として、又、赤十字組織人として、一人ひとりが自律し、主体的に自己成長できるよう指導・支援体制を整備しています。新人教育については、プリセプター制を導入し、チーム全体で教育に関わっていきます。

現任教育の組み立て

教育目的

当院の理念及び看護部の理念・目的が達成できるよう、赤十字のキャリア開発ラダーに基づき、赤十字看護師としての資質の向上を図ることを支援する。

教育目標

  • 赤十字組織の一員として、また、社会人としての自覚を持ち、責任のある行動がとれる。
  • 看護者の倫理綱領を理解し、実践できる。
  • エビデンスに基づき、安全で安楽な看護技術が提供できる。
  • 受け持ち看護師として、患者さまを統合的に理解、アセスメントし、個別的な看護が実践できる。
  • 看護におけるリーダーシップ、マネージメント能力の開発を図る。
  • 研究的視点を持ち実践し、有効な結果を臨床に活用できる能力を養う。
  • 個々の看護職が段階的にキャリアアップを図ることを支援する。
  • 赤十字事業推進者としての役割が果たせる。

赤十字医療施設のキャリア開発ラダーについて

目的

  • 赤十字の理念に基づいた「赤十字の看護師の看護実践能力」の到達目標をレベル別に明示し、その到達を目指すことにより、質の高い看護や医療を提供でき、また赤十字事業の推進者となる看護師の育成を図る。
  • 新人の時期から生涯にわたり、継続的に自己研鑽を積むことができる研修支援体制も含めた仕組みの導入により、看護師の能力開発の動機付けを促進し、職務満足を向上する。
  • キャリア開発の一環として各赤十字医療施設間の人事交流を促進することにより、赤十字の質の向上を図る。人事考課とは連動しない。

到達目標

1年目で実践力を養い、
2年目で自律。

質の高い看護で赤十字事業を推進する
「赤十字医療施設看護師」へと成長します。

各赤十字の看護師の看護実践の能力のレベル別到達目標:1.指導や助言を受けながら看護活動ができる。2-1.自立して看護活動ができる。2-2.赤十字医療施設の看護師の最低限必要な能力を習得。3-1.部署単位で活動できる(リーダーシップ)。3-2.部署の教育が担当できる。3-3.臨床実習が担当できる。3-4.救護班登録者(国内救護)として活動できる。3-5.赤十字看護師としての力を発揮するための能力を習得。4.看護部門単位で活動できる。5.病院単位で活動できる。

ページの先頭へ