専門・認定看護師

がん化学療法看護 認定看護師

堀江 友紀

堀江 友紀 Yuki Horie

今後、重要な役割を担う化学治療の外来で
安全・安楽な治療とQOLの維持に取り組む

がん化学療法看護認定看護師は、有害事象が生じるがん化学療法を、安全・安楽に受けられるように、患者さまとご家族、スタッフをサポートする役割を担っています。がんと診断された時から治療修了まで、患者さまとご家族はさまざまな決断を迫られるため、意思決定の支援をすることも大切な役目です。

近年、がん化学療法の治療は外来がメインになりつつあります。また、新しい薬剤やレジメンが開発されているため、常に新しい情報をキャッチして、医療チームが協力して取り組むことが重要です。このような背景を踏まえ、当院では外来化学療法室を設置しています。
私は外来化学療法室に所属して、日々ケアにあたっています。社会生活を営みながら、がん化学療法を行う患者さまとご家族のQOLが低下しないように、副作用マネジメントとセルフケア支援を行うと共に、患者さまの気持ちに寄り添った心のケアに力を入れたいと考えています。

ページの先頭へ