専門・認定看護師

がん性疼痛看護 認定看護師

辻 佐弥香

辻 佐弥香 Sayaka Tsuji

患者さまが抱える
あらゆる痛みを和らげるサポートを

がん性疼痛看護認定看護師の役割は、辛い痛みを持つ患者さまを全人的な視点でアセスメントして、痛みを軽減するケアを行うことです。その中にはメンタル面のサポートだけでなく、薬剤の選択や使用方法のアドバイスなども含まれます。そのため、薬物療法に使用する薬剤の作用を理解し、適切に使用できる知識が必要です。また、看護師の役割モデルとなると共に、効果的な疼痛緩和ができるように、指導やコンサルテーションを行っています。

痛みや薬剤に関する指導やサポートは、医師だけが行うイメージがあるかもしれません。しかし、患者さまにとって最も身近な看護師が医師と共に関わることで、より効果的な疼痛コントロールが可能であり、専門的な知識を持つ認定看護師が力を発揮できると思います。
痛みは身体だけでなく心にも影響を及ぼすため、患者さまが抱えているすべての痛みを緩和するように努め、QOLの向上につなげています。

門田 倫代

門田 倫代 Michiyo Kadota

がんのつらい痛みを和らげ、
その人らしく生きることができるように

がん性疼痛看護認定看護師になりたいという想いは、がんの患者さまと接する中で少しずつ大きくなっていきました。特に印象に残っているのは、まだオピオイド(鎮痛薬)があまり使用されていなかった頃に担当した、若い患者さまです。少しでも多くの時間、子どもさんと過ごせるように治療・看護に努めたのですが、痛みのためにご本人だけでなくご家族もつらい想いをすることになりました。専門的な知識があれば痛みを和らげることができ、もっと穏やかな時間を過ごせたではないかという気持ちが、消えずにあったんです。

現在は、病棟での看護実践に加え、緩和ケアチームのメンバーとしても活動しています。チームでは主に、コンサルテーションでの疼痛緩和やオピオイドに関する相談を行っています。さらに、麻薬管理や新しい薬剤に関する勉強会を実施して、安全に医療用麻薬を管理・使用できるように努めています。
痛みは日常生活に支障をきたすだけでなく、精神面にも影響を及ぼすことがあります。がん性疼痛を患者さま自らコントロールできるようになることで、より良く生きていくことができると考えています。そのために医療スタッフが協力して、サポートすることが認定看護師のミッションです。

ページの先頭へ