専門・認定看護師

がん放射線療法看護 認定看護師

山脇 文恵

山脇 文恵 Fumie Yamawaki

安全・安楽に放射線治療を受けてもらえるよう
体だけでなく心のケアも大切に

以前、がんの放射性治療と化学療法を並行して行っている患者さまが、副作用で辛い思いをされているのを目の当たりにして以来、放射線治療法のケアの重要性を感じていました。質の高いケアをするためには豊富な知識が必要であり、それを現場で活用するためには認定看護師になる必要があると思いました。
基礎からしっかりと学んだことで看護の科学的な裏づけができ、自信を持って取り組めるようになりました。そして、より正確な予測ができるようになり、スムーズできめ細やかな看護介入ができるようになりました。

がん放射線療法看護認定看護師の役割は、患者さまに安全・安楽に放射線治療を受けていただけるよう支援することです。そのために皮膚ケアや粘膜炎、治療の過程で起る有害事象の予防・緩和に努めています。また、放射線療法は一般の方にとっては治療内容が分かりにくく、不安に感じるケースが少なくないため、分かりやすく説明するように心がけています。
今は主に放射線技師や緩和ケアチームと協力して活動しているのですが、今後はより組織横断的に活動することを目標としています。

ページの先頭へ