専門・認定看護師

がん看護 専門看護師

徳谷理恵

徳谷 理恵 Rie Tokutani

がん患者さまと医療者をつなぐ
コーディネーターの役割を担う

がん看護専門看護師は、「実践・相談・調整・倫理・教育・研究」の6つの役割を担い、がんの予防・診断から終末期までのケア、さらには患者さまが亡くなられたご家族のサポートを行っています。
私は緩和ケアチームの専従看護師として、患者さまとご家族の辛さを少しでも軽減し、その人らしく過ごせるように、多職種のスタッフと連携してケアを行っています。その他にも、緩和ケア外来での相談や、院内のがん看護に関する研究の企画運営、スタッフの研究のサポートなど、活動内容は多岐に渡ります。

がんを患った患者さまとご家族は、身体的・精神的・経済的・社会的な問題を抱えておられます。日本ではがんの告知をしても、病状は伝えたくないというご家族が多く、そのためにご家族に精神的な負担がかかり、患者さまも孤立してしまうという場合があります。このような辛さを少しでも和らげることが、がん看護専門看護師の役目です。
また、医療者の意向と、患者さまやご家族の希望をできる限り近づけるように調整することも大切な役割のひとつです。スタッフ同士、あるいは医療者と患者さまとのコミュニケーションをスムーズにするために貢献したいと思います。

ページの先頭へ