専門・認定看護師

感染管理 認定看護師

前田 朋美

前田 朋美 Tomomi Maeda

患者さまや医療者を感染から守るため
現場の声を大切にした感染管理を実施

感染管理認定看護師の役割は、院内感染予防対策の一環として、専門的な知識・技術・態度のもとに、各施設に適した感染管理を実施することです。患者さま、医療者など、当院を訪れるすべての方の感染リスクを最小限にするために、科学的根拠に基づいた感染予防対策を実施すると共に、現場に出向き、感染対策の現状を把握・分析・評価して、改善を図ります。
活動内容は、感染対策の課題を改善するための感染管理プログラムの作成、ケア改善のための院内感染サーベイランスの立案など、多岐に渡ります。

私が感染管理認定看護師になったのは、現在のように認定看護師の存在が知られていない時でした。上司から「これから感染管理は重要になるから」と資格取得を勧めていただき、新しいことにチャレンジしたいと考えていた時期だったこともあり、がんばってみようと思いました。
当初は医療者の間でも認定看護師がどのような知識や技術を持ち、どのように活動するのか認知されていなかったので、まず皆さんに知ってもらい、理解してもらうところからはじめました。皆さんの協力のおかげで、確実に効果をあげており、これからも現場の立場に立った感染管理を行っていきたいと思います。

奥田 円

奥田 円 Madoka Okuda

マニュアルの整備や指導だけでなく
感染管理への関心を高める啓発活動も

2012年に感染管理認定看護師の資格を取得して、現在は専従看護師として組織横断的な活動を展開しています。認定看護師を目指したきっかけは、約10年間所属していたNICUで感染管理の重要性を実感していたことと、後輩たちに指導するためには専門的な知識や技術が必要だと感じたことが挙げられます。
感染管理認定看護師になったことで大きく変わったのは役割です。以前は自分自身のスキルを向上させることに重点を置いていましたが、資格を取ってからは院内のスタッフに理解してもらい、全体のレベルアップを図ることがいちばんの目的となりました。また、専従の感染管理認定看護師というポジションにいることで、院全体、各部署の課題が見えるようになりました。

今はそれらの課題にどのように取り組めば改善できるかを、日々模索しています。そのためにマニュアルの整備や現場での指導だけでなく、スタッフへの啓発にも力を入れています。
感染対策は、さまざまなスタッフの協力と連携は欠かせません。それぞれの環境に沿った感染管理ができるよう、現場のスタッフと共に考え、支援していきたいと考えています。

ページの先頭へ