専門・認定看護師

皮膚・排泄ケア 認定看護師

上村 笑

上村 笑 Emi Uemura

患者さまを最も知る現場のスタッフと共に
質の高い皮膚・排泄ケアを提供することが使命

院内の褥瘡対策委員に所属し、褥瘡回診チームの一員として医師、栄養士、理学療法士などと共にラウンドをして、褥瘡ケアの提案・指導を行っています。ストーマや褥瘡、スキンケアに関するコンサルテーション、研修・勉強会などによる教育も大切な役割です。また、ストーマ外来において、ストーマを装着されている患者さまがより快適な日常生活を送ることができるよう、患者さまとご家族の相談に応じています。

もともと私はストーマケアが苦手で、勉強するうちにスキンケアや創傷管理の深さを実感し、関心を持つようになりました。専門的な知識を習得したことで、患者さまに提供できる情報が飛躍的に増えたことが以前との大きな違いです。単に情報を伝えるのではなく、患者さまの希望や生活に応じた提案ができることが、スペシャリストだからこそできることだと思います。
しかし、スペシャリストが一人いても組織力は向上しません。患者さまのことをいちばん知っている現場のスタッフと一緒に考え、より質の高い皮膚・排泄ケアを提供することが目標です。

松野 晃子

松野 晃子 Akiko Matsuno

オストメイトや褥瘡の患者さまが
安心・快適な生活を送れるサポートを

ストーマ外来と褥瘡回診の他、病棟で手術を受ける患者さまのケアや、ストーマケア、失禁ケアなどを行っています。さらに看護師が皮膚障害に対して適切に対応できるよう、マニュアル整備や研修に取り組んでいます。オムツは皮膚障害だけでなく、不快感によるストレスや姿勢の崩れを引き起こす原因となるため、少しでも苦痛を軽減できるよう、スタッフの教育活動に力を入れています。

認定看護師の資格を取ろうと考えたのは、看護師としてキャリア積み、「自分はどんな看護がしたいのか」を、見つめ直したことがきっかけでした。私は褥瘡の患者さまと関わることが多かったので、その領域の看護を追求したいと思いました。資格取得の研修では、専門的な知識や技術を習得できただけでなく、気持ちの面でも初心に返ることができました。
ストーマを造設することで日常生活に制限を受けることはありません。患者さまが安心して生活ができるよう、入院時から退院後まで継続性のある看護を提供していきたいと考えています。皮膚・排泄ケアのニーズは今後ますます高まっていくため、新たな人材の育成が必要です。若い看護師に興味を持ってもらうために、啓蒙活動に取り組むことがこれからの目標です。

ページの先頭へ