専門・認定看護師

緩和ケア 認定看護師

山本 茂子

山本 茂子 Shigeko Yamamoto

その人らしい生活を送り
生きる喜びを感じてもらえるサポートを

緩和ケア認定看護師は、治療がむずかしい疾患の患者さまの終末期において、ご本人とご家族が病と共に生きる支えとなることが大きな使命です。そのために、腫れを和らげるマッサージや口腔ケアなどの身体的なケアの他、患者さまとご家族の不安や苦しみに耳を傾け、意思決定の支援を行う精神的ケアを行っています。自らの実践だけでなく、研修・勉強会、看護師を対象にしたコンサルテーションにより、看護部全体の緩和ケアの質向上を図っています。

例え治らなくても、その人らしい生活を送り、生ききってもらうための支援をすることが、緩和ケア認定看護師の役割だと考えています。これは、手に障害を負った方が自動車の免許を取ったり、校長先生をされていた方が亡くなる直前に卒業式に出席されるなど、これまで関わってきた患者さまの「生きる力」から学んだ姿勢です。
これからも、少しでも多くの患者さまに生きる喜びを感じてもらえるサポートができるよう、患者さまに寄り添ったケアを提供していきたいと思います。

佐川 弘美

佐川 弘美 Hiromi Sagawa

多様化するがんの相談に対応するため
常に自分をアップデート

私は現在、がん相談支援センターで、がん専門相談員として活動しています。がんの患者さまとそのご家族の話を聞き、科学的根拠に基づく情報と実践を提供することで、その人らしい生活や治療選択ができるように支援することが大きな役割です。
さらに、緩和ケアチームの一員として、医師や薬剤師など多職種のスタッフと協力しながら、身体的・精神的な苦痛を和らげるためのケアを行っています。

現在、2人に1人ががんになると時代といわれ、相談に訪れる方は増加傾向にあり、相談内容も多様化しています。認定看護師は、このような状況に対応するために、常に知識の向上に努めることが重要です。
緩和ケアは、「生きる」ことに正面から向き合う仕事です。これからも患者さまの「生きる力」と、ご家族の「共に生きる力」を支えるために、自己研鑽に励み、多職種との連携を大切にした活動を続けていきたいと考えています。

ページの先頭へ