専門・認定看護師

脳卒中リハビリテーション看護 認定看護師

山川 直之

山川 直之 Naoyuki Yamakawa

脳卒中の重篤化を防ぎ、
機能改善と生活の再構築をサポート

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の役割は、3つあります。1つ目は、重篤化を回避するためのモニタリングと看護ケアを行い、患者さまの機能改善と生活再構築に向けてリハビリテーションを実施することです。2つ目は再発防止のための指導、3つ目は多職種と協働してチーム医療に貢献することです。
そのために、離床が困難な患者さまや、四肢・嚥下機能に障害がある患者さまのケアと、リハビリテーションの提示、さらに再発予防のための指導など、さまざまな活動を展開しています。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師を目指したのは、父親が脳卒中になり、「自分がもっと力になれれば」と思ったことが動機となっています。また、以前は介護の仕事をしていてリハビリテーションに関心があり、将来、その分野での看護を視野に入れていることもあります。
認定看護師は専門的な知識や技術を持っているだけでなく、より広い視野を持って看護をとらえられることが強みです。この力を発揮して、患者さまとご家族に合った、個別性のある看護を提供していきたいと思います。

ページの先頭へ