専門・認定看護師

認知症看護 認定看護師

中田 貴子

中田 貴子 Takako Nakata

認知症とうまくつき合い
充実した生活が送れるように

医学が進歩した現代においても、完治がむずかしい病気はたくさんありますが、適切なケアをすることで充実した暮らしを送ることが可能です。認知症も脳の病気であり、うまくつき合うことで穏やかに暮らすことができます。患者さまの不安を和らげて安全に治療を受けていただくと共に、ご家族の負担を軽減するためにサポートするのが、認知症看護認定看護師の役割です。

資格を取得する前、認知症の患者さまに対してどのように対応してよいのか分からず、悩んだ時期がありました。何か伝えたいことがあるのは分かるけれど、それが何なのか分からないという葛藤はどんどん大きくなっていきました。患者さまの気持ちを理解するためには、専門的な学習をする必要があると思い、認定看護師になることを決意しました。
専門的なスキルを身につけたことで、今までなら諦めていたことも、さまざまな方向からアプローチができるようになったことが大きな変化です。また、以前の私のように認知症の患者さまへのケアで悩む看護師のサポートができるようになりました。
人生の先輩である患者さまを敬う気持ちを大切にして、患者さまとご家族、地域の方々と共に歩んでいけるような活動を展開いることが今の目標です。

藤野 裕子

藤野 裕子 Yuko Fujino

認定看護師が持つ知識を広め
院内全体の認知症看護をレベルアップ

高齢化社会が進むにつれ、認知症の患者さまは増えつづけており、看護の重要性も高まっています。急性期病院における認知症看護認定看護師の役割は、認知症の患者さまとご家族が抱えておられる不安を和らげ、安心して治療を受けていただけるようにサポートすることです。

これまで多くの認知症の患者さまに接してきましたが、その中で、どう対応して良いのか分からないことがありました。「なぜ、このような行動をとるのか」、また、そのような場合、「看護師はどのように対応すれば良いのか」を学びたいと思ったことが、認知症看護認定看護師を目指した動機です。
認知症について基礎から学んだことで、それまで薬剤コントロールによって症状を安定させることが良いと考えていたことが間違いであり、その他にもさまざまな方法があることを知りました。今後の目標は、それらの知識を院内のスタッフに広めて、退院後の生活を見据えた看護につなげることです。

ページの先頭へ