専門・認定看護師

集中ケア 認定看護師

岡村 泉

岡村 泉 Izumi Okamura

生命の危機状態にある患者さまの回復を
多職種のスタッフと協力してサポート

入職してから約10年間所属したICUでの経験を活かし、さらに専門性を高めたいと思ったことが集中ケア認定看護師を目指した大きな理由です。院外研修に参加して、さまざまな集中ケア認定看護師の話を聞いたことも大きな刺激になりました。
集中ケアの対象は、救急、ICU、急性期にあるすべての患者さまです。主な活動として、生命の危機状態にある重症患者さまの病態予測とアセスメント、合併症予防や回復促進のサポート、技術指導、相談が挙げられます。また、呼吸器ケアチームの一員として、人工呼吸器を装着している方のラウンドを行い、医師や理学療法士などと意見交換をして、治療・ケアに反映しています。

認定看護師だけで、できることはほんの僅かです。看護部全体のレベルを上げるためにはスタッフ教育が欠かせません。そこで科学的な根拠に基づいて指導できる認定看護師が、力を発揮できると考えています。
自分自身の看護実践や指導においては、「なぜ、その看護が必要なのか」と、「今、すべきことは何か」を考えるよう心がけています。そして、「見る・聞く・感じる」というアセスメントの基本を徹底しています。

ページの先頭へ