病棟のこと

脳神経外科・耳鼻咽喉科・歯科[大津赤十字病院 6階西病棟]

脳神経科師長の写真

脳神経外科・耳鼻咽喉科・歯科師長

脳神経外科 24床、耳鼻咽喉科 24床、歯科 1床

私たちの病棟では、「患者・家族を幸せにする」ことを目的に看護介入を行っています。そのために「快適な入院環境を提供できる」ことを目指し、他職種の方々と話し合い、情報を共有し、協力し合って実施できるように看護を展開しています。
病棟スタッフを耳鼻咽喉科チームと脳神経外科チームの2チームに分け、専門性を高めるように取り組んでいます。(耳鼻咽喉科チームでは、周手術期、頭頸部の悪性疾患患者の看護を主に行っています。また、脳神経外科チームでは、亜急性期から回復期にかけた脳血管疾患患者や脳腫瘍の患者を受け入れ、合併症予防や早期離床に取り組んでいます。)患者は、両チームともに、コミュニケーション障害やボディイメージの障害を持っています。嚥下障害や構音障害があり、さらに脳神経外科では意識障害、言語障害、運動障害および排尿障害を併せ持っています。非言語的コミュニケーションを駆使した関わりや口腔ケア・アイスマッサージを行い、患者の心地よいと感じる刺激を与え、改善に尽力しています。また、患者・家族の思いを聴き、自己決定ができるように取り組んでいます。
年2回の病棟レクリエーションでは、普段見られないいきいきとした患者の行動や表情を見ることができ、楽しみながら患者の持っている力をひきだせるようにスタッフ一同がんばっています。

ページの先頭へ