新人看護職員の1年

≪新人看護職員 年間教育目標≫

  1. 看護職として必要な基本的な姿勢や態度を身につけ、安全な看護を提供することができる。
    1)マニュアルや文献の確認、助言を受けながら基本的知識を活用し安全な看護を実践できる。
    2)周囲に報告や相談をしながら看護チームの一員としての役割や責任を果たすことができる。
    3)助言を受けて優先度の決定をし、適切に行動することができる。
  2. リフレクションを活用し、自己の課題や目標を明確にして主体的に取り組むことができる。
  3. 赤十字医療施設の職員としての自覚と責任ある行動がとれる。
    1)赤十字の原則、看護者の倫理網領を理解し対象を一個人として尊重できる。
    2)倫理的ジレンマに陥った時、赤十字の原則に基づいて行動しようとできる。
  4. グローバルヘルスの視点として、国内外の保健・医療・看護・福祉について関心を持つことができる。
    1)国内外の保健・医療・看護・福祉についての動向を知る。
    2)地域の特性や自施設に来院する個人・集団の特性と健康問題を知る。
4月
フォローアップ研修(毎月開催)
  • 採用時集合研修 (病院概要・チーム医療・職員のメンタルヘルス・待遇など)
  • 報告・連絡・相談 研修(他職種合同)
  • メンバーシップ研修
  • 看護技術研修
  • 赤十字の基本原則と看護(看護倫理)
  • 医療安全研修
  • 電子カルテ操作研修
5月
  • 報連相研修(看護部編)
  • 看護過程研修
  • リフレクション研修
  • 安全な医療機器の取り扱い研修
  • 救急看護技術研修①(集合研修)
  • 褥瘡予防ケア研修
6月
フォローアップ研修(二ヶ月に一回開催)
  • 看護必要度研修
  • 血液製剤の取り扱い研修
  • 救急看護技術研修②(部署内企画)
7月
  • リフレッシュ研修
9月

  • 医療安全研修
10月
  • 多重課題シミュレーション研修
12月
  • 救急看護技術研修③(部署内シュミレーション)
2月
  • ケースレポート発表

新人看護職員の1日

先輩とペアになり、報告・相談・確認をしながら患者の立場に立って考え、安全な看護を実践します。

 

8:30 情報収集

カルテから患者の心身の状態や本日のスケジュールを確認します。

8:45 ショートカンファレンス

チームメンバーとお互いの患者の情報共有や看護実践について検討します。
また、ペアと一日のスケジュールを調整します。

9:00 担当する患者への挨拶

受け持ち患者を訪室し、朝の挨拶と本日の担当であることを伝えます。

9:30 患者の観察

バイタルサイン測定や患者の症状や苦痛の観察を丁寧に行います。

10:00 看護ケアや診療補助の実施

患者の状態やスケジュールに沿って、
必要な日常生活援助や診療補助をペアと共に行います。
また、実施した内容や結果は、正確にペアに報告し、記録します。

12:00 休憩タイム

院内食堂やラウンジでランチを食べて、リラックスモードに切り替えます。

 13:00 チームカンファレンス

チームメンバーや医師たちと、患者の全体像を共有し、
看護計画の立案や評価等について検討します。

 14:00 患者の観察や看護ケア、診療補助の実施

患者の状態変化を確認し、午前中と同様に患者の状態に沿ってケアを行い、
結果をタイムリーに報告します。

15:30 看護記録の入力

午後の実践内容や結果を正確に看護記録に入力します。
1日の治療や看護に関するスケジュールがすべて実施できたか確認します。

16:00 ペアとの振り返り

1日の中で印象に残った場面をリフレクションして、どのような看護を実践できたか、明日はどのようにケアすればよいかを明らかにします。ペアと共に振り返ることで、
患者の気持ちや自己の強みと課題に気づくことができます。

17:00 勤務終了