乳がん看護認定看護師

山川弥生

乳がんの検診、検査から治療選択、治療中の副作用対策、治療後の生活や最期の時に至るまで、“治療の意思決定支援”や、“病気と向き合いながら、治療を継続しつつも、あなたらしい生活を送ることができる”よう身体的、社会的、精神的支援を行っています。乳がん治療は女性性や外見に変化を来すことが多いため、外見関連のケア(アピアランスケア)に力を入れ、心理的サポートだけでなく、個別に具体的な医学的、技術的情報提供に努めています。