摂食嚥下障害認定看護師

西村 久美子

「食べる」事は生命を維持・成長させるために必要不可欠な行為であり、人間の基本的欲求です。同時に「食べる喜び・生きる喜び」をもたらすものでもあります。
摂食嚥下障害の患者にとって食べる事は、窒息・誤嚥・呼吸への負荷など生命に関わるリスクも伴います。疾患や加齢、何らかの要因によって、摂食嚥下障害に陥った方に対し、適切なリスク管理を行い、再び「口から食べる幸せ」を取り戻せる事を目標に関わっています。