がん看護 専門看護師

徳谷 理恵

緩和ケアチーム専従看護師の活動を中心にしながら、患者とご家族がもっておられる力を信じ、その人らしく生きていけるように多職種と協働してがん看護の質の向上に努めています。
「実践・相談・調整・倫理調整・教育・研究」という6つの役割を担い、がんと診断された時から終末期まで患者とそのご家族をサポートしています。また、医療スタッフが自信をもってケアができるようにケアの相談を受けたり、研修の企画運営、研究のサポートも行っています。